1. Cofuku廣福 >
  2. コラム >
  3. 5月12日はナイチンゲールが生まれた日。現役ナースの風水師 中西美抄の思うこと
人生風水

5月12日はナイチンゲールが生まれた日。現役ナースの風水師 中西美抄の思うこと

UPDATE2020.5.12
EDIT BY

私が今日このブログを書いているのは
2020年5月12日。

ナイチンゲールが生まれて
今日でちょうど200年目。

そんな日に、看護師として、
そして風水師として
私の思いをブログで綴ってみました。

 

 

クリミア戦争で
負傷兵たちの献身的な看護したことで有名な
ナイチンゲールは
実は裕福な家庭のお嬢様だったそうです。

「貧しい病人の看護こそ、自分の使命である」

との決意から
当時は上流階級の人が就くような
仕事ではなかった看護の世界に
飛び込みました。

親の反対を押し切って看護の仕事についた
ナイチンゲールの熱い思いには、
私も看護師として共感できます。

そんなナイチンゲールの残した「看護の原点」から
現在私が風水師を志ざした大きなきっかけを思い出しました。

というのもナイチンゲールの教えすべてが
風水の教えと合致するのです。

————————————————-

●病気になる人、ならない人

●病気が治る時、治らない時

それらは「環境による影響」が関係しているということ。
————————————————-

例えば熱が出るのは、
体温を上げることで免疫力を高めたり、
体内に入ってきた異物を撃退する
戦うチカラ、つまり自然治癒力です。

人生の中で起こる問題も、
きっと自然治癒力が備わっていると思うんです。

その自然治癒力を左右するのが「環境」。

人はどんな環境に暮らすのかによって、
本来持っている自然治癒力が
高まったり弱まったりしているのです。

風水鑑定に来られる方は
●健康面の悩み
●職場や家族、友人など人間関係の問題
●仕事やお金のコト
ご相談は大別してほぼこの3つのどれかです。

まるで「人生の三大疾病」・・・。

私自身も中学3年生の時に病気になり、
3か月間の絶対安静を余儀なくされました。

学校に復帰しましたが、1年遅れての高校生活だったり、
一度は社会人になったのに、27歳から看護師を目指したり・・・と
今日までスムーズに生きてきたわけでもありません。

ですから人間関係をうまく築けず、
悩んだ時期もありました。

そんな中、まだ風水には出会っていない時期から
インテリアに興味があり、
「素敵な部屋で暮らそう」ということは意識していたんです。

今思うとその頃から、私の潜在意識、
つまり環境によるココロの変化が起こっていたのだと思います。

そうして私は、良い環境を意識した暮らしによって、
人生が良い方向へと変わっていったんだなぁと思います。
今思うとそれが風水、
そしてこれが私の思う「人生の自然治癒力」なんです。

新人ナースだった頃、
ナイチンゲールが伝えたかった
「環境の大切さ」を、
ただの学問としかとらえていませんでしたが
「あ~これは風水の開運法とまったく同じことなんだ」
と今改めて感じています。

そしてこれからは
20年間の看護師としての経験と、
風水の教えを併せて
「幸運を呼ぶ環境作り」を伝えていければと思います。

最後になりますが、
私の好きなナイチンゲールの名言に

————————————————-
天使とは、美しい花をまき散らす者ではなく、
苦悩する者のために戦う者である
————————————————-

という言葉があります。

私にとってそれは”現役ナースの風水師”として、
人生の病気を看護できる風水師になろうと思います。

ナイチンゲールに一歩でも近づける自分でいたいです。