占術について

  1. Cofuku廣福 >
  2. 占術について

様々な占術の講座をご用意


占術は、主に人の宿命を占う「命術」、事柄の吉凶を占う「ト術」、形から吉凶を占う「相術」などその特性により様々です。何を判断するかにより、これらを掛け合わせ鑑定していきます。そのため、Cofuku/コフクでは様々な戦術の講座をご用意しています。

風水とは

風水とは住まいの東洋医学です。環境のドクターのようなもの。住居やオフィスをパワースポットに改善することで、暮らしながら、働きながら、漢方薬のようにじわりじわりと家庭円満・商売繁盛などの幸運を引き寄せます。

自分がワクワクする部屋、帰りたくなるマイホーム、出勤したくなるオフィスなど、スタイリッシュな空間づくりの中に、さりげなく風水を盛り込みます。

風水では「気」のチカラを活用する

風水は古代の中国で生まれた宇宙にあふれるエネルギー「気」のチカラを活用し運気をアップさせる環境学です。「気」は電気と同じようにエネルギーの一種で、目には見えませんが私たちの日常のあちこちに存在しています。

電気も、電気そのものは目には見えませんよね?照明になって光として見えたり、エアコンの風の温度で感じたりすることで初めて体感し代金を支払っています。電気も運気も「エネルギーの一種」と考えるとその存在はちょっと身近に感じませんか?

古代の人たちは「気」というものを理解していたようです。天気、空気、人気、元気、病気、勇気、気配り…これらの単語からも「気」の存在を認めていたのだと感じますよね。

身の回りのすべての環境から私たちは影響を受けています

例えば近くの山や川の形状や、建物や道路のカタチから受けるエネルギー、人や車の流れる方向、風向き、音などによっても発する気のエネルギーが違います。またインテリアにおいては、玄関や部屋の明るさや風通し、家具のレイアウトや照明の色、ソファや壁紙の素材やカラー、整理整頓や、ニオイなども、運に影響する要素です。

これらの組合せによって、マイナスの気(邪気)、プラスの気(正気)に変化していきますから、プラスの気でインテリアを満たす空間をつくっていくのです。

気は五感を通して私たちの運に影響を与えます

五感とは視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚という人間の代表的な5つの感覚。ですから心地のよい部屋=五感が喜ぶ空間をつくれば、自然と心が前向きになり、運がよくなっていくのです。

また、目に見えない吉凶方位というものが存在します。それは住んでいる人の生年月日から導き出されたり、玄関ドアの向きや建物の完成年から導き出されたりします。それにより、玄関が吉方位なのかとか、寝室はどうなのかという一軒ごとの個別の吉凶方位があるわけです。

同じ誕生日の人でも同じ運命にならないのは、生まれ持った運だけでなく、住居やオフィスなど、あらゆる環境からも運の影響を受けているからです。例えば、先天的に金運が弱い人でも、風水環境を整えることで、後天的な運を高めることができます。

運のいい人にはたくさんの共通点があります。環境、考え方、行動…運のいい人の環境を知ることで、あなたも風水パワーを手に入れることができます。

四柱推命とは

四柱推命とは、年・月・日・時という生年月日の四つの柱から、その人の性格や適職、人生のタイミングや仕事運、財運、パートナーとの関係、親子関係、ご先祖様とのつながり、健康…など多くのことを予測できる運命学です。

命式数は2592万通り

四柱推命は、古代の中国で生まれた陰陽五行(いんようごぎょう)理論を基に導き出されます。人はこの世に生まれ、呼吸を始めた瞬間から、大地の気エネルギーの影響を受けて、運命がはじまります。

それらは天干と地支と呼ばれる2文字でつくられた60種類の干支(六十干支)から導き出され、年・月・日・時それぞれの干支、合わせて8文字になることから、「四柱八字」とか「八字」とも呼ばれます。

このたった8文字の組合せですが、なんと1296万通り、同じ日に生まれても男女では運勢が逆に進むことを考慮すると、その2倍、2592万通りもの命式(出生図)数にもなります。ですから似たような運の人がいたとしても、まったく同じ運勢の人には早々出会うことはありません。

では運命とは何でしょうか?

もし運命が、生まれた瞬間の生年月日で決められているのならば、努力をしてもしなくても、同じ未来が待っているはず…。いいえ、運命は変えられるのです。しかし、変えるためには本来の運勢がどうなのかを知る必要があるというわけです。

もし金運が弱かったら?もし結婚運が無かったら?もし健康運に問題があったら…?ダメではないのです。金運の弱い人は、そのままでは金運を掴みにくい、というだけです。どんな人にも長所と短所があります。命式を解明することで、自分の特性を知り、長所は伸ばし、短所は抑えることができるのです。

人の特性・運のタイミングを推測するのが四柱推命

四柱推命は「大運」と呼ばれる10年周期を中心に運のタイミングを読みます。十二支の干支がひとつずつ巡るため、本来人間は120年生きるはず、という考え方がベースです。

それがストレスや不摂生により、寿命が短くなっている、とされてきました。今でこそ人生100年時代ですが、何千年も前の人の寿命を思うと、この学問は本当にすごいなと感動します。

生年月日から導き出される四柱八字を車に例えると、運命のDNAである命式は車種、10年毎の運の流れである大運は、道路のイメージです。命式が軽自動車でも、大運が車の少ない高速道路だとスイスイ走れますが、命式が高級車でも、大運がデコボコ道の場合はなかなか前に進めません。

このように「どんなタイプの人」が「どんな運のタイミング」を持って生まれたかを推測するのが四柱推命なのです。

奇門遁甲とは

Coming Soon.

姓名判断とは

Coming Soon.